令和2年度 事業計画

自  令和 2年  4月   1日
至  令和 3年  3月 31日

本協会設立後46年を迎え、更に事業の整備拡充を図り、会員相互の協力と繁栄のため、次に掲げる事業を計画実施する。

T 基 本 方 針

 1 経営対策

  1. 県、市、町等行政機関の施策、事業に対する協力
  2. 造園緑化需要増進の施策
  3. 3専門部会(公園緑地・庭園・県域青年)、4委員会(総務・厚生、情報、教育研修、樹木・資材)の事業の活性化
  4. 造園資材、機器及び造園緑化専門図書の斡旋
  5. 本部及び支部における青年部活動並びに支部活動の促進
  6. 協会員の確保及び拡充強化
  7. 造園建設業の経営改善、近代化促進
  8. IT化の促進
  9. 建設業法、労働諸法などの研究と活用
  10. 公益活動の推進

 2 技術対策

  1. 造園技能検定実技試験、運営の協力協定
  2. 各種技能、技術研修会の実施
  3. 造園工事の安全衛生・災害防止対策
  4. 認定職業訓練(造園技能士コース)の実施
  5. 神奈川県・他団体主催の造園緑化研修に関する協力

 3 福祉対策

  1. 労災、厚生福祉事業の推進

 4 広報活動

  1. 機関紙(協会報)の編集と発行
  2. ホームページの運営
  3. 造園界情報の収集と活用

 5 表彰及び顕彰への推薦

  1. 会長表彰及び市長、県知事並びに叙勲・褒章、大臣表彰等候補者の推薦

造園や緑のまちづくりに努めています。

U  事 業 計 画

専 門 部 会

 1 公園緑地部会

 (1)関係官公庁並びに神奈川県議会に対する要望・協力

  1. 都市公園、自然公園等整備事業の促進及び拡大の協力
     ・防災公園の新設整備
  2. 神奈川県議会自民党みどりの会及び各支部管内議員との交流、政務活動
     ・要望書の提出等
  3. 神奈川県及び神奈川県議会自民党みどりの会等への提言
  4. 神奈川県並びに市町村等が実施するみどり行政に対する参画、協力
     ・フェスティバル、講演会等イベントへの参加協力
  5. かながわトラストみどり基金への協力
     ・募金活動
  6. 災害時における支援、協力
     ・災害時等における事業継続計画(BCP)の作成支援
     ・各土木事務所との災害協定の締結

 (2)みどり環境の啓蒙活動

  1. 「かながわのみどりを創り、育てる」講演会・集い開催
  2. 各種団体、地域住民や企業との協働による環境共生型都市づくりに関する調査・研究・シンポジウムの協力
     ・(公財)神奈川県公園協会、(一社)日本造園建設業協会、
         特定非営利活動法人GIP(みどりによる都市づくりを推進する会)等
         造園関連団体との連携  
  3. 現地視察研修の開催

 (3)技術向上活動

  1. 資格取得推進
     ・伐木作業等の特別教育(追加教育)講習会他
     ・フルハーネス型墜落制止用器具等の実態課題の検討
  2. 新技術の導入
     ・校庭芝生化、園庭芝生化、屋上緑化等の技術研修
  3. 芝生化プロジェクトチーム技術支援

 (4)経営業務活動改善

  1. 事業拡大推進
     ・校庭芝生化、園庭芝生化、屋上緑化等
  2. 県立高校校庭芝生化支援

 2 庭園部会

  1. 技能検定及び造園技術講習会の実施
  2. 庭園技術、庭園材料等の研修会及び見学会の開催
  3. 技能まつり等への見本庭園等出展に対する協力
  4. ものづくりマイスター及び横浜マイスター・作庭塾「庭守」による各種造園技能の継承活動及び支援
  5. 作庭塾「庭守」の新規加入者の募集
  6. 国・神奈川県及び神奈川県議会自民党みどりの会等への技術的提言

 3 県域青年部会

  1. 県域青年部の組織強化
  2. 支部青年部との相互交流及び連携
     ・技能検定に向けての実技講習会への支援
     ・各支部主催の研修会等への全支部への参加呼びかけによる相互交流の実施
  3. 造園業の普及と広報
     ・みどりのシンポジウム等特別講演会の公園緑地部会との合同開催・協賛
     ・神造協マスコットキャラクターの各種イベントへの参加
委 員 会

 1 総務・厚生委員会

  1. 総会の運営に関する事項
  2. 会員の確保と拡充・強化
     ・各支部での協力体制の強化
  3. 支部管轄区域の検討
  4. 会員及び従業員並びに家族の福利厚生に関する事項
     ・協会指定旅館の設定、見直し
     ・スポーツ大会を通じた会員及び支部相互の交流と親睦の推進
     ・労働保険及び協同組合の会員確保支援等拡充強化
  5. 女性がより活躍できる造園業界を目指しての検討
  6. その他、他の委員会に属さない事項
     ・会報の電子化に伴う各支部会員のメールアドレス調査

 2 情報委員会

  1. 造園界並びに関連業界に関する各種情報の収集
  2. 協会情報発信のためのホームページの充実
     ・会報電子化実施に向けての検討
  3. 会員間のネットワーク化等のIT技術の促進
     ・メーリングリスト加入の促進
  4. 会報・機関紙の編集及び発行
     ・会報年3回カラー発行
     ・みどりに関する特集等会報の充実強化
  5. 各種講習会・研修会・行事予定を会員に周知し、ホームページの運用・活用を推進する。

 3 教育研修委員会

  1. 造園に関する講習会の開催
     ・1・2級造園技能検定学科受験対策講習会
     ・技能・技術等講習会の開催
        魅力ある造園業界を目指して、新たな各種講習会の具体的内容の検討
  2. 神奈川県造園関係教育訓練機関講師派遣
     ・神奈川県立東部総合職業技術校「造園学科」へ講師5名派遣
     ・神奈川県立西部総合職業技術校「エクステリアコース」へ講師2名派遣
  3. 会員及び従業員並びに求職者に対する認定訓練等
     ・1・2級造園技能士コース短期課程普通職業訓練

 4 樹木・資材委員会

  1. 神奈川県植木品評会、横浜農業協同組合植木部主催春秋品評会協力
     ・出展協力、審査員の派遣、神奈川県造園業協会会長賞授与
  2. 病害虫防除講習会、造園植物の生産技術研修の実施
  3. 造園資材機器斡旋価格表の作成、発行
  4. 今後の樹木資材委員会のありかたについて検討

Copyright (c) 2004 KANAGAWAKEN-ZOUENGYOUKYOUKAI All Rights Reserved.